東京駅

 

東京駅丸の内駅舎保存・復元工事

 

昨年2012年に工事が完了した東京駅の「中央口」「北ドーム」を二見屋が銅板にて復元しました。

1914年に地上3階建てで建設された東京駅は、太平洋戦争末期の東京大空襲にてその姿を大半失いました。

終戦後1945年~1947年にかけ修復工事を行い、地上2階(一部3階)建ての東京駅として応急復旧しました。

そして2007年より建設当時の姿を復元するための工事が起工しました。

二見屋は丸の内駅舎の中央正面口・北ドームの屋根を担当し、2010年9月より施工を開始。

約2年後2012年4月に完成しました。

屋根は戦後の復旧工事にて八角形になったドームを解体し、鉄骨にて曲線をもったドームへと変わり、下地を木材で造りました。

二見屋は下地が完成した後、ルーフィング→スレート葺きをした後、銅板を加工し屋根葺きを行いました。

装飾品は二見屋の工場にて加工し、東京駅に運びました。

作業中の画像をご覧ください。

新しいドーム部の木下地

復原したドーム部

屋根下地は木で造られました

下地ルーフィング葺き

屋根下地の上に下地シートを葺きました

新しいドーム部の木下地

現場加工

微妙に調整が必要な場合は現場にて加工します

銅板張り①

加工した銅板を下地に張りました

新しいドーム部の木下地

銅板張り②

難しい曲線も一枚一枚丁寧に張りました

銅板張り③

綺麗な曲線が完成しました

新しいドーム部の木下地

銅板張り④

長い銅板は職人皆で一気に張ります

銅板張り⑤

中央口の屋根上装飾です

toukyoujpg

東京駅工事で携わった二見屋の職人たちです

工事完了から約1年が経ち、現在の銅板は深みのある色合いとなりました。

日本を代表する建造物の復元工事に、二見屋の技術が認められ非常に光栄です。

これからも二見屋が掲げる「伝統文化と最先端技術の融合」に邁進していきたいと思います。

 

 

 

二見屋 笠原
2013.4.11


カテゴリー: 東京駅   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です